カリーナことマクシム・カリニチェンコの翻訳記事など
by JUCHI
maxkalina@excite.co.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
お知らせ
仕事で多忙につき、充分な時間が取れないので年内中の更新はできません。また年明けにネタ(明るいのがいいなあ)を探して参上します。エントリーはありませんが、コメントには随時お返事しますので覗きにきてください

ではまだロシアでは早いですが

c0092227_11582336.gifС Рождеством Христовым и С наступаюащим Новы Годом !!

(適当に世界の挨拶サイトで調べました。"and" と"new year"しかわからない)

よいお年を。
JUCHI
[PR]
by maxkalina | 2006-12-20 11:24 | GENERAL INFO
ノーコメントで
いつもの調子ではありますが移籍についてのインタビューです。下に残留?という記事を載せたそばから…これまでも、クラブに対する不信感などを時々語ってきたカリニチェンコですが、今回も同じような内容。ですが、かなり語尾がきつめで、投げやりな口調です。特にフェデトフに対する批判…決定的な亀裂が見え隠れします。「そんなことは言わない方が…。」という発言も多々有ります。

どうにもコメントしづらい内容なので、ノーコメントで。

c0092227_1610517.jpg

本文とは何の関係もないサービスショット(笑)

More
[PR]
by maxkalina | 2006-12-20 00:35 | INTERVIEW AUTUMN 06
Kalina remains Spartak
まだ新聞の予測記事の域を超えていませんが。

http://tden.ru/articles/sport/005494/

カリーナはスパルタクに残留するーー

カリニチェンコは今回の移籍シーズンには動かず、そしてチームでのポジションを手に入れるだろう。

情報によれば、休暇前にカリニチェンコは今後についての話し合いを持つためマネージメントオフィスを訪れた。首脳陣は、カリニチェンコは「チームになくてはならない存在、今後もチームの基盤として支えてほしい」と強調し、他クラブへの移籍を引き止めた。

More
[PR]
by maxkalina | 2006-12-15 22:46 | NEWS
ニックネームあれこれ
というわけで、なんとかスパルタクの選手と顔とポジションが一致するようになりました。いい機会なのでカリニチェンコが説明する、主要選手のニックネームについての記事を。
*ロシア語は分からないので、発音はかなり想像の範囲です。カタカナにしにくい言語だとは思いますので無謀な表記と試みをお許しください。

ロシアより愛をこめて
c0092227_0194975.jpg

http://kalina25.ru/full_news/82/

More
[PR]
by maxkalina | 2006-12-13 00:20 | SPARTAK
コヴァーチュ週間
バイエルン戦の一件で、youtubeにエディット・ピアフの「水に流して(私は後悔しない)」をBGMにしょうもないプロモまで作られてしまったコヴァーチュさんについて性懲りもなく調べてみました。

1979年11月27日 シュムペルク生まれ(プラハと書いてあるのもあり)
スパルタクではカリニチェンコ、イラーネク、モザルトと同い年

1997-03 シグマ・オロモウツ
2003-05 スパルタ・プラハ
2005-スパルタク・モスクワ
2004よりチェコ代表  今年のW杯には1試合出場

で、いきなりでかい画像なので注意
[PR]
by maxkalina | 2006-12-09 23:29 | SPARTAK
CLグループリーグ第6節 UEFA CUP出場決定!
スポルティング・リスボン1 - 3スパルタク・モスクワ 
(8' パヴリュチェンコ、16' カリニチェンコ、31' ブエノ、 89' ボヤリンツェフ)

ビストロフ→半袖番長イラーネク→得点王おめでとうパヴリュチェンコの鮮やかなオーバーヘッドキックに続き、カリニチェンコとボヤリンツェフのとゴールでアウェーで3−1と快勝。
ビストロフさまさまです。グループ3位でUEFAカップに出られることになりました。スパルタクは確か、今までCLで一度も勝ちがなかったので、クラブ初の快挙?来年に向けて選手は休暇に入ってます。召集は1月7日とのこと。(これって、ロシアではちょうどクリスマスなのでは?)

c0092227_21574357.jpg

この写真すごく好きです。

ところで、ロシアプレミアリーグ得点王になったパヴリュチェンコ。本人はCSKAに一歩及ばず2位になってしまったことがとても悔しいようで、「優勝できたなら得点王なんていらない!」というコメントを残しています。童顔のせいか、シシュキンあたりと同年代かと思ってたのですが、もう25歳なんですね。いくらなんでも失礼しました。

おまけ
[PR]
by maxkalina | 2006-12-09 21:58 | NEWS
Ball Contorol (UEFAの記事タイトルそのまま)
※今回はネタっぽい内容です。カリニチェンコに全然関係ありません。

チェコ語では「á」とaにアクセントがついていると長母音、というわけで「アー」、「č」はチャとかチュとか発音する子音ということで、テレビ放送で言われている「コヴァーチュ」が正しい呼び方だそうで、今回からコヴァーチュに改めます。他にも間違ってる呼び名があればご指摘ください。

さて、先日のバイエルン戦で「コカンでトラップして」非常に貴重な同点ゴールをあげたコヴァーチュさん。UEFA.comよもやまニュースのトップを飾りました。
”読んでて気分が悪くなったらパラグラフ3まで飛んでくださいね”
という警告文つきで書いてある記事:

というわけで「警告されてない!」ていうのはもうナシですよ。あの日、鷲のように食い入るように鋭い目でコヴァーチュがバイエルン・ミュンヘン戦での同点ゴールを決めた瞬間を見ていた人は、少々喜び方が激しすぎると思わなかっただろうか。どうやら彼はゴールネットにボールを押し込んだとき、どこかを痛めていたようだが。どうしたのだろう?一番いいのは本人に聞くことだ。
「イラーネクの強烈なボールが僕の『玉』に直撃して、それで押し込んだんだ」コヴァーチュは分かりやすく説明した(笑)。「痛くて痛くて死ぬかと思った。あれは本っ当に悪夢。同点に追いついたことだけが救いだったけど!」

長めの金髪をなびかせ駆け抜ける超男前、コヴァーチュさん(コカンをギューとしながら)。
確かに(痛くて)ピッチに突っ伏してる姿は、端から見るとまるでお祈りをしているように見えます。
女子にはこればっかりはわからんです…

ごっごめんなさい!

これだけではナンですので(笑)
以前インテル戦の前に、地下鉄移動を余儀なくされた際のコヴァーチュさんについて、スパルタクの選手たちと同じ地下鉄に乗り合わせたRAULINAさんの話:

「びっくりしたわ。周りにはファンと話したりサインをしたりする選手たちがいっぱいいたの。すると電車がいきなり急停車して、私は転びそうになったんだけどコヴァーチュが手を出して支えてくれたのよ。電車が動き始めたら今度は彼がバランスを失ってしまったんだけど。それで彼に話しかけるきっかけができたんだけど、とってもロシア語がうまくて、今日は勝利のために全力を尽くすって約束してくれたの。モスクワの地下鉄は好きだって言ってた。でもラッシュアワーは暑すぎて大変だねって、あのきれいな顔で笑ってたわ~♡ そのころはもう全車両でチャントを大合唱よ。『スパルタク!スパルタク!』って。あんな状態だったし、開始一分でのゴールで負けちゃったのは仕方ない気もするのね…」
[PR]
by maxkalina | 2006-12-04 11:23 | NEWS
カンナヴァーロに一票
本年度のバロンドール(欧州最優秀選手賞)は、レアル・マドリーのカンナヴァーロに決まりましたが、これについてカリニチェンコのコメント。

「本当に堅いディフェンダー。マスコミの報道で彼に対する厳しい意見なんかも耳にするけれど、カンナヴァーロ自身にとっては大したことじゃないと思う。バロンドールにふさわしい選手。僕も間違いなく彼に投票したね」

c0092227_1317712.jpg


インテルでサンタの帽子かぶって営業してたのも今は昔…
[PR]
by maxkalina | 2006-12-01 13:17