カリーナことマクシム・カリニチェンコの翻訳記事など
by JUCHI
maxkalina@excite.co.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ディナモと決裂
すぐ前の記事がそのディナモと交渉が合意に至らなかったと報道された際のインタビューでした。ごくごく簡単に。
http://sport.gazeta.ru/sport /2007/01/a_1220090.shtml

- 私たちの取材によると、スパルタクとディナモ・キエフ間であなたの移籍交渉が決裂したようですが。
K: そう、それなら僕はモスクワに残ってプレーし続けるよ。

- 個人的にこの話はあなたのところにはいかなかったのですか?
K: いや、僕は干渉はしていない。移籍先のクラブについての交渉には僕のエージェントが参加してる。だから、休暇が終わって次の召集までには何か詳細が聞かされると願っている。

- スパルタクを離れるつもりだった…と
K: 嘘はつかないよ。出て行くつもりだったよ。僕に対するクラブの対応に我慢ならなくなったことがあったからね。W杯後は試合に出るよりもベンチにいることの方が多かった。それと、金銭的に折り合いがついていない問題も残っていたし。冬の休暇前にマネージメントと会って今後については話し合った。

- しかしスパルタクはあなたを400万ユーロで譲る計画だそうです。
K: 繰り返しになるけど、僕はスパルタクをサポートする準備はできているよ。もしクラブが僕に興味を持っている他のクラブに売るのなら、その事実はきちんと考えるよ。
[PR]
by maxkalina | 2007-01-13 00:59
<< レブコが強盗に フランス、リーグ・アンへ? >>