カリーナことマクシム・カリニチェンコの翻訳記事など
by JUCHI
maxkalina@excite.co.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コヴァーチュ週間
バイエルン戦の一件で、youtubeにエディット・ピアフの「水に流して(私は後悔しない)」をBGMにしょうもないプロモまで作られてしまったコヴァーチュさんについて性懲りもなく調べてみました。

1979年11月27日 シュムペルク生まれ(プラハと書いてあるのもあり)
スパルタクではカリニチェンコ、イラーネク、モザルトと同い年

1997-03 シグマ・オロモウツ
2003-05 スパルタ・プラハ
2005-スパルタク・モスクワ
2004よりチェコ代表  今年のW杯には1試合出場

で、いきなりでかい画像なので注意
[PR]
# by maxkalina | 2006-12-09 23:29 | SPARTAK
CLグループリーグ第6節 UEFA CUP出場決定!
スポルティング・リスボン1 - 3スパルタク・モスクワ 
(8' パヴリュチェンコ、16' カリニチェンコ、31' ブエノ、 89' ボヤリンツェフ)

ビストロフ→半袖番長イラーネク→得点王おめでとうパヴリュチェンコの鮮やかなオーバーヘッドキックに続き、カリニチェンコとボヤリンツェフのとゴールでアウェーで3−1と快勝。
ビストロフさまさまです。グループ3位でUEFAカップに出られることになりました。スパルタクは確か、今までCLで一度も勝ちがなかったので、クラブ初の快挙?来年に向けて選手は休暇に入ってます。召集は1月7日とのこと。(これって、ロシアではちょうどクリスマスなのでは?)

c0092227_21574357.jpg

この写真すごく好きです。

ところで、ロシアプレミアリーグ得点王になったパヴリュチェンコ。本人はCSKAに一歩及ばず2位になってしまったことがとても悔しいようで、「優勝できたなら得点王なんていらない!」というコメントを残しています。童顔のせいか、シシュキンあたりと同年代かと思ってたのですが、もう25歳なんですね。いくらなんでも失礼しました。

おまけ
[PR]
# by maxkalina | 2006-12-09 21:58 | NEWS
Ball Contorol (UEFAの記事タイトルそのまま)
※今回はネタっぽい内容です。カリニチェンコに全然関係ありません。

チェコ語では「á」とaにアクセントがついていると長母音、というわけで「アー」、「č」はチャとかチュとか発音する子音ということで、テレビ放送で言われている「コヴァーチュ」が正しい呼び方だそうで、今回からコヴァーチュに改めます。他にも間違ってる呼び名があればご指摘ください。

さて、先日のバイエルン戦で「コカンでトラップして」非常に貴重な同点ゴールをあげたコヴァーチュさん。UEFA.comよもやまニュースのトップを飾りました。
”読んでて気分が悪くなったらパラグラフ3まで飛んでくださいね”
という警告文つきで書いてある記事:

というわけで「警告されてない!」ていうのはもうナシですよ。あの日、鷲のように食い入るように鋭い目でコヴァーチュがバイエルン・ミュンヘン戦での同点ゴールを決めた瞬間を見ていた人は、少々喜び方が激しすぎると思わなかっただろうか。どうやら彼はゴールネットにボールを押し込んだとき、どこかを痛めていたようだが。どうしたのだろう?一番いいのは本人に聞くことだ。
「イラーネクの強烈なボールが僕の『玉』に直撃して、それで押し込んだんだ」コヴァーチュは分かりやすく説明した(笑)。「痛くて痛くて死ぬかと思った。あれは本っ当に悪夢。同点に追いついたことだけが救いだったけど!」

長めの金髪をなびかせ駆け抜ける超男前、コヴァーチュさん(コカンをギューとしながら)。
確かに(痛くて)ピッチに突っ伏してる姿は、端から見るとまるでお祈りをしているように見えます。
女子にはこればっかりはわからんです…

ごっごめんなさい!

これだけではナンですので(笑)
以前インテル戦の前に、地下鉄移動を余儀なくされた際のコヴァーチュさんについて、スパルタクの選手たちと同じ地下鉄に乗り合わせたRAULINAさんの話:

「びっくりしたわ。周りにはファンと話したりサインをしたりする選手たちがいっぱいいたの。すると電車がいきなり急停車して、私は転びそうになったんだけどコヴァーチュが手を出して支えてくれたのよ。電車が動き始めたら今度は彼がバランスを失ってしまったんだけど。それで彼に話しかけるきっかけができたんだけど、とってもロシア語がうまくて、今日は勝利のために全力を尽くすって約束してくれたの。モスクワの地下鉄は好きだって言ってた。でもラッシュアワーは暑すぎて大変だねって、あのきれいな顔で笑ってたわ~♡ そのころはもう全車両でチャントを大合唱よ。『スパルタク!スパルタク!』って。あんな状態だったし、開始一分でのゴールで負けちゃったのは仕方ない気もするのね…」
[PR]
# by maxkalina | 2006-12-04 11:23 | NEWS
カンナヴァーロに一票
本年度のバロンドール(欧州最優秀選手賞)は、レアル・マドリーのカンナヴァーロに決まりましたが、これについてカリニチェンコのコメント。

「本当に堅いディフェンダー。マスコミの報道で彼に対する厳しい意見なんかも耳にするけれど、カンナヴァーロ自身にとっては大したことじゃないと思う。バロンドールにふさわしい選手。僕も間違いなく彼に投票したね」

c0092227_1317712.jpg


インテルでサンタの帽子かぶって営業してたのも今は昔…
[PR]
# by maxkalina | 2006-12-01 13:17
トリビア
ちょっと面白い記事があったので。
ロシアにおけるサッカーチームの人気分布ですが、このたびInterfaxというところで実施されたアンケートによると

1 スパルタク 18%
2 CSKA15%
3 ロコモティフ 8%(前年比50%)
4 ディナモ・モスクワ
5 ゼニト 7%
6 ルチ・エネルギア 2.7%
7 ルビン・カザン 2.6%

特に決まっていない 24%

だそうで、スパルタクがロシアで一番人気のあるチームとのこと(といっても僅差ですが)。
ロコモティフは昨年16%だったのに対して今年は半分…何故…
全回答者の4分の1が、決まったクラブを応援していないそうです。

以上153箇所、46の地域にまたがってロシア全土でのアンケート結果でした。

http://www.championat.ru/news-28587.html
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-29 13:20 | NEWS
一問一答シリーズ
久しぶりにたくさんのインタビューを見てたら目がチカチカしてきたもので…
といってもまだ一個しか載せていないのですが。
こちら、お馴染み一問一答シリーズ。
既出の質問はいくつか飛ばしたものもあります。

More
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-29 11:48 | PROFILE
バイエルン戦インタビュー
お久しぶりです。
すっかりご無沙汰しているうちに、カリニチェンコ周辺では色々なことがありました。
まずは先週のバイエルン戦で決めたゴールについて。そして相変わらず聞かれる去就について。


-カーンという偉大なGKが相手でしたが、特別な思いは?
K: なかった。偉大な選手であっても同じ人間。カーンと、他のGKと、相手であることに違いはない。

-でも実際には彼のようなGKはさすがに一線を画しているでしょう。
K: ピッチの上ではみんな一緒だよ。何も特別なことはない。

-ゴールのあと、何に向かっていったのですか?
K: ホミッチ(GK)に捧げたんだ。ゲーム前に彼と約束したんだよね「もしゴールできたらお前にやるよ」って。

-なぜゴールのコーナーぎりぎりを狙ったのですか
K: 彼が逆の方向に動いていたのを見たんだ。彼は状況を読み込んでいたけど、僕らにはまだ策があった。嬉しかったよ。僕にとってCLでの初のゴールだったから。2000年にもプレーしたことはあったけど、今回は格別だった。

-結果には満足していますか?
K: いいや。スパルタクは勝利を得ることができなかった。確かに、試合自体は緊迫した好試合だったけど、同時に僕らは十分勝てたはずだ。

-もしかして、バイエルン(既にグループリーグ勝ち抜け決定済み)にモチベーションがなかったと見受けられたのでは?
K: そんなことはない。浮ついたところがなくて、彼らのモチベーションには何の疑問も感じなかったよ。

-来年はスパルタクをもっと導いてくれると約束してもらえますね。
K: 今は、自宅にこれから帰ることだけ胸を張って言っておくよ。未来のことは保証できないし。

-どういうことですか?もうスパルタクを出て行く準備が済んだとでも…?
K: そうだね、長いこと考えてはいる。僕はフットボーラーとして、ベンチに座る代わりに試合にコンスタントに出ていたいんだ。その質問は僕だけじゃなくて、クラブのフロントにも投げる必要があるんじゃないかな。スパルタクとはこれから話し合いをする。それで僕の運命が切り開かれるかどうかはまだ分からないけど。


どうなるんでしょう。ロシアリーグはお休みに突入。
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-29 11:32 | INTERVIEW AUTUMN 06
インタビューななめ読み
現在あがっている最新のインタビューは相変わらず今後の身の処し方がメインの話題になっているようです。「自分は行きたくないが、出場機会を求めて移籍」というのが本人的に今のところ有力みたいです。どうもウクライナのシャフタール・ドネツクが興味を示しているとかいないとか…?

結構長く語っています。詳しいことはのちほど。
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-16 17:43 | NEWS
W杯奥様日記
W杯後、カリニチェンコの奥様タティアナさんが寄せた日記のようなものです。目新しいことは特に書いてありませんが、読んでいてほのぼのとする内容だったので。

http://www.championat.ru/article-4930.html

訳は例によって怪しいかもですが、どうかご容赦を。

More
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-05 01:44 | INTERVIEW SUMMER 06
CLグループリーグ第4節
スパルタク・モスクワ 0 - 1 インテル (1' クルス)

残念ながら、開始一分の一点を守りきったインテルに敗退。
勝てる要素は十分にあった試合でした…

いろいろと勢いに乗った、でも怪我人と疲労で妙なテンションの相手でしたが、なんとも前回とは違った趣の試合展開に。

というか、し、芝がぁ~

後半の怒涛の攻めはすごかった。
ポスト直撃、セットプレーからのヘッドなど本当に惜しい一撃が決まらず、運がなかった…
前回のような闇雲な攻めではなく、緊張感のある中でのカウンターは両者とも見ごたえありでした。
スパルタクは最後の交代枠使いきっちゃえば良かったんじゃないかと。そうするとたぶんカリニチェンコが出番だったはずですが。それでなくてもあそこまで攻め入ってたし、もったいないかなあと。負傷で交代したビストロフは泣いてしまってましたね。

そしてコヴァチがやっぱりかっこいいなあと再認識(←何を見てるんだ)。

カリニチェンコはベンチ入り。リーグ戦はメンバー外れていたのでどうなるのかと思いましたが。前半途中、モコモコの防寒着でアップする様子が映ってました。(カリニチェンコかどうか確認できてませんが。たぶん)

スパルタクの熱い応援が良かった。実況では「寒いので体を動かさないと」と言ってたけど、確かに…インテルの選手がソックスではなく軒並みタイツ着用、首までしっかり防寒、なのに、なのに、イラーネクとモザルトは半そで…(笑)


最近更新ができなくてむなしさいっぱいですが、W杯前後の記事は今年中に訳してみたいです。

*マテラッツィも半そででした…
[PR]
# by maxkalina | 2006-11-02 16:53 | NEWS