カリーナことマクシム・カリニチェンコの翻訳記事など
by JUCHI
maxkalina@excite.co.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ニックネームあれこれ
というわけで、なんとかスパルタクの選手と顔とポジションが一致するようになりました。いい機会なのでカリニチェンコが説明する、主要選手のニックネームについての記事を。
*ロシア語は分からないので、発音はかなり想像の範囲です。カタカナにしにくい言語だとは思いますので無謀な表記と試みをお許しください。

ロシアより愛をこめて
c0092227_0194975.jpg

http://kalina25.ru/full_news/82/




(回答はすべてカリニチェンコ)

コヴァレフスキー:ヴォイ。僕は個人的に違う呼び方をしてる。変なあだ名じゃないよ。
イラーネク:実はニックネームないんだよね。普通は名前の頭の方をちょっとアレンジして作るもんなんだけど、彼の場合うまくいかなくて、ごくシンプルにマルティンと呼んでる。あとはたまにマルティとか。
ズエフ: 難しい名字だから他に考えつかなかった。ズーイ。
シェペド:ジェニェック。僕は名前(=エフゲニー、Evgene)をウクライナ語読みして呼んでる。
クインシー:クインシーとかクイーナとか。

ホミッチ:ホーマ。
コヴァルチウツ:コヴァル。でも実際に発音すると「コヴァ」と変わらないんだけど、特に混同したりはしない。
カヴェナギ:カヴィ。
イエンチ:イェニ、アィディ。よくわからないんだけど「アィディ」ってルーマニア語で「give」っていう意味らしい。アドリアン(エイドリアン?)っていう名前だと自然につくあだ名みたい。
カバノフ:カバ。2000年頃、彼の兄弟でマクシム・カバノフっていう人気のGKがいたよね。セルゲイのニックネームはそのお兄さんからきてるんだ。
カリニチェンコ:僕のはもうご存知のとおり、カリーナ。チームに合流してすぐつけられて、全然変わってない。ティトフは今でも「ブルシュニコイ(クランベリー)」「エジェビィコイ(ブラックベリー)」「マリノイ(ラズベリー)」とか、なぜかベリー系の名前にこだわって呼ぶこともある。どうしてだかベリー系。まあカリーナも実をつけるからベリー系なんだけど(註:「Kalina」はテマリカンボクの仲間の、赤い実をつけるビバーナムという植物も指すようです)
ティトフ:ティット、もっと簡単に「ティー」とか。ベリー系に対抗したあだ名は作ってない。

アレニチェフ:アレン。かなりそのまま。
ボヤリンツェフ:ボヤラ。
モザルト:これも簡単。そのままモザルトって名字のまま呼ぶか、モッザ、モッジィ。最後のRとTを発音しないだけ。
レブコ:レバ。
パブレンコ:パブーリュカ
ビストロフ:ビィストリィ. ただそのまま呼ぶのとほとんど一緒。
トルビンスキー:トルビナ。それかトルビ。後者の方がポピュラー。だって最後まで言うのが面倒くさいから、誰も呼ばない(笑)
パヴュリュチェンコ:パヴリク
ニキータ:バジェン、バジック
コヴァーチュ:コヴァ、ラデック
ロドリゲス:色んな風に呼んでる。クリム、ロドリー。カヴェナギはクリマ・ナヴァホって呼んでる。ラテンアメリカではそう言うみたい。
ジュデル:デデ(おじいちゃんの意味?)、ヂダ。時々ドイツ人と呼ぶことある。第二次世界大戦が舞台のあるTVゲームで、イグナスに似たキャラクターが出てくるから(笑)

説明が終わったあと一つ質問。

- チームメイトを「兄弟」と呼ぶこともあるらしいけど。
「うん。姉妹じゃないから(笑)コーカサス地方ではそう呼ぶ習慣があって、それでたまにそう呼び合うこともある」


ティトフの「こだわりのベリー系」は一体??ニヒルでクールそうなキャプテンだけに、想像するとかなりおかしいものがあります。
[PR]
by maxkalina | 2006-12-13 00:20 | SPARTAK
<< Kalina remains ... コヴァーチュ週間 >>